労働経済論(2006年度) 履修希望調査

調査の概要と注意

履修希望調査

以下の設問(属性およびQ1〜Q6)に答えてから、「解答を送信する」ボタンを押してください。正しく送信されれば、受付画面が表示されます。

履修者の属性
所属
学年
キーコード -

Q1. 経済学の基本的な概念についてどの程度知っているかお答えください

問1. GDPの説明として
最も適切なものを1〜4の
選択肢から選んでください
1. 国民総生産のこと。国内で1年間に生産された付加価値を合計したもの
2. 国内総生産のこと。国内で1年間に生産された財・サービスの総額
3. 総合国内価格指数のこと。国内での価格水準を表す総合指標
4. 平均購買力のこと。ある財の組合せを購入するために必要な通貨量
問2. 所得効果の説明として
最も適切なものを1〜4の
選択肢から選んでください
1. 財の価格変化によって実質所得が変動し、その結果変化する需要のこと
2. 給料が上がった時に人々の行動が変化すること
3. 不景気になって所得が減った時に人々の行動が変化すること
4. 財の価格変化によって需要が変化すること
問3. プライス・テイカー
(price taker)の説明として
最も適切なものを1〜4の
選択肢から選んでください
1. 他の人がコストを負担してくれるのなら自分は払わずただ乗りすること
2. 自分に都合がよい行動を他人が取るように取引条件などを工夫すること
3. 取引上の立場を利用して値引きを強要すること
4. 競争的な市場では、個別の企業は同業他社と同じ価格設定をせざるを得ないこと
問4. 予算制約線(予算線)
の説明として最も適切な
ものを1〜4の選択肢から
選んでください
1. 予算をいつまでに使わなければならないかを示すチャート
2. 予算獲得のためにセクション間に仮想的に引かれた境界線のこと
3. 消費者の直面するお金の制限を表す線のこと。価格比にひとしい傾きを持つ
4. この線上での消費が全て消費者に同一の効用を与えるように引いた線
問5. 逆選択の説明として
最も適切なものを1〜4の
選択肢から選んでください
1. 情報の非対称性のため、取引が適切に行えなくなること
2. お互いに相手を裏切って得をしようとすることで、結局全員が損をすること
3. 品質に関する間接的な情報(シグナル)を用いて品質を判断すること
4. 財の購入時に、決断を誤ってハズレなモノを買ってしまうこと

Q2. 統計的手法についてどの程度知っているかお答えください

問6. 9件のデータ 5, 3, 6, 8, 8, 9, 1, 5, 8 があります。これを用いて以下の値を計算してみてください。ただし、割り切れない場合は小数点以下2位で四捨五入し、小数点以下1位までの値で答えてください。

6.1 平均
6.2 中央値(メディアン)
6.3 最頻値(モード)
6.4 分散

問7. 以下のグラフは、わが国の将来人口推定から全人口に占める65歳以上人口の比率を計算し、2100年まで図示したものです。このグラフを用いて以下の問いに答えてください。

7.1 わが国の急激な高齢化が始まったのは何年ごろですか
7.2 2005年現在での65歳以上人口比率は何%程度ですか
7.3 わが国の高齢化を65歳以上h人口比率で評価すると、
高齢化が最も進むのは何年ごろと予想されますか
7.4 高齢化の開始からピークまでの期間は何年程度ですか