第1回 ガイダンス (2002/04/15)

トップページへ戻る

情報処理総論Aへ戻る


1.0 講義の目標

  1. Excelを使ってデータを扱う基礎的な技術を身につける
  2. 非定型の発見的使い方を学ぶ
  3. Excelのヘルプは火星語のように見えるが、そこから必要な情報を引き出す技術を学ぶ

情報処理総論Bのガイダンス情報をみる

1.1 情報処理総論Aで扱うこと

A. Excelの基本的な使い方
データ入力(セル、シート、ブック、数値、文字列、論理値、配列など)
データ操作(コピー、挿入、削除など)
計算式の設定(データの参照、数式の設定など)
関数の使い方(関数ヘルプの使い方など)
他のアプリケーションとのデータ交換(テキストファイル、CSV形式など)
B. Excelのグラフを使いこなす
グラフ機能の使い方(グラフウィザード)
見栄えのいいグラフを作る(複合グラフ、グラフの調整)
C. 表計算らしい使い方
データの加工(期をずらす、対数化する、変数変換するなど)
アドイン(分析ツール)の使い方(ヒストグラム・乱数発生など)
ソルバー(ソルバーを用いた最適化)

1.2 情報処理総論Aで扱わないこと

A. プログラミング
VBAを使って書くほうが楽な仕事は、他のツールを使った方が楽かも
B. アプリケーション作成
定型業務、ユーザーインターフェースは全く別の配慮が必要
C. いわゆる「統計的処理」
難しい統計的手法は専用パッケージを使う方が楽なので、わざわざ苦労して Excelでやることはない

1.3 評価の方法


情報処理総論Aへ戻る

トップページへ戻る

©2002, OGAWA, Hiroshi Santa<santa123@olab.org>