VISAをかたる餌の例(IE6による表示)

チェックポイント1. アドレスバーの表示が変

IE6で表示すると、以下のような感じになります。IE6で表示した場合には、アドレスバーには https://www.visa.co.jp/verified/ というもっともらしいURLが表示されますが、この表示はページ内のスクリプトがポップアップとして無理やり表示しているものです。この例だと表示位置の調整が甘いので、左端のIEマークが半分つぶれています。

チェックポイント2. SSL利用の錠前マークが表示されていない

また、画面内に「このサイトは高度なSSL暗号化技術を利用しており」と書いてありますが、画面の右下には錠前マークがでていません。

チェックポイント3. 画面を右ボタンクリックして表示されるプロパティを見ると、暗号化通信をしていないとなっています。


アドレスバー表示

錠マークの非表示

Phisingサイトの例
錠が表示されていない
正しくSSLを使って通信している
サイトの例。

画面右下に錠が表示される

ページのプロパティ表示